結局、いつ(いくらで)買うかが重要。
1000円の株を100株買っていると仮定する。手数料・税金は無視する。
1100円に上がった時、売るかホールドするか。
売って110,000円。1000円に下がってまた100株買って、1100円に上がって売ったら資産は120,000円になっている。
一方、1100円に上がっても100株をホールドして1000円に下がった場合。1000円で買い増しして200株とし(取得株価1000円)、再度1100円に上がった時に売ったら、資産はやはり120,000円。

一度含み益が出たあとに値下がりして、トントンか含み損になっても慌てる必要はないということか。

しかしこれには前提があって、株価が元に戻るとか、余裕資金が豊富にあって資金を回転させなくても構わないとか。

ホールドせずに都度利確する場合のメリットは、株価が元に戻らない時のリスクを減らせるということだろうか。

ここで考えてみると、1100で利確するということは株価が下がると思うから売る訳で。
逆に1100で売らずにホールドするということは、まだ上がるというか今後の予想株価がもっと上にあるということで売らない訳であろう。
その想定でいけば、ホールドして下がった時に買いますのは当然の動きとなる。
この心理というか想定からいえば、上に書いた「株価が元に戻らない時のリスク」というのはそもそも存在しないということか。下がると思って売るのだから。