一喜一憂していたらキリがない。
投資総額が増えてくると、その日その日の増減幅も大きくなり「えっ、こんなに減るの?」という日もある。逆に言えばこんなに増えたと思う日もあるということで。

こんなに下がってしまった、もっと下がったらどうしよう、という焦りとか。あんなに含み益があったのにこれだけになってしまった、利確しようかとか。
長期的に握れるかどうかは、そんな心理と関わっているはず。
まあ、握り続けて含み損が増え続ける可能性もあり、何がいいかは何とも言えない。