日々の売買の記録とか考えたこととか

以前に利確した銘柄を再購入

今年9月に利確した銘柄を再度購入。100株。
9月に売らずにホールドしてたらもっと利益が出ていたが、まあ仕方ない。

優待付きで6月末権利だが12月末から継続保有が必要で、そろそろタイムリミットでもあり。
株価はかなり上がり切っている感もあるが、業績も財務も良さそうなので。今度は気合いでホールド予定。

利確とホールドどちらが得か

結局、いつ(いくらで)買うかが重要。
1000円の株を100株買っていると仮定する。手数料・税金は無視する。
1100円に上がった時、売るかホールドするか。
売って110,000円。1000円に下がってまた100株買って、1100円に上がって売ったら資産は120,000円になっている。
一方、1100円に上がっても100株をホールドして1000円に下がった場合。1000円で買い増しして200株とし(取得株価1000円)、再度1100円に上がった時に売ったら、資産はやはり120,000円。

一度含み益が出たあとに値下がりして、トントンか含み損になっても慌てる必要はないということか。

しかしこれには前提があって、株価が元に戻るとか、余裕資金が豊富にあって資金を回転させなくても構わないとか。

ホールドせずに都度利確する場合のメリットは、株価が元に戻らない時のリスクを減らせるということだろうか。

ここで考えてみると、1100で利確するということは株価が下がると思うから売る訳で。
逆に1100で売らずにホールドするということは、まだ上がるというか今後の予想株価がもっと上にあるということで売らない訳であろう。
その想定でいけば、ホールドして下がった時に買いますのは当然の動きとなる。
この心理というか想定からいえば、上に書いた「株価が元に戻らない時のリスク」というのはそもそも存在しないということか。下がると思って売るのだから。

爆発力のあるポートフォリオ

今の自分のポートフォリオを見ていると、爆発的に評価額が増えていくという感じではなく、高配当かつ大きく下がらなさそうな銘柄中心で、長期的にじわじわ増えていくイメージ。

最近急騰した銘柄も持っているのだが、最低単位でしか持っておらず、増えた額も微々たるもの。こういう急騰銘柄を厚く買えれば利益も増える。
紙の上ではそうなるのはわかるが、実際に買うとなると難しい。下がった時のことを考えてビビってしまう。

有名な大きな企業でも株価が2倍になっているものもあるし、小型中型株でなくても、大きく株価が上がる銘柄はある。

決算後にドカンと上がったり下がったりするので、自信があれば決算前に買ったらいい。が、それもまた結果論。