日々の売買の記録とか考えたこととか

四半期決算過ぎて持ち株下落

ここ数日の決算発表で、持ち株達がグングン下落。
1銘柄だけ少しナンピンで、他はじっと我慢のホールド。

今は耐えるのみ。

実質利回り

配当利回りが2.0%の株を買ったと仮定。
1000円で年間20円
100株だと投資額10万円で2000円。
とりあえず簡便のために税金は考えない。

株価が2倍になって配当も増配して2.0%をキープと仮定すると、10万円の投資額が20万円になり、年間配当は4000円。
投資額10万円に対する利回りは4.0%となる。

この調子で、株価が右肩上がりで常に増配する企業なら、初期投資額に対する配当利回りも右肩上がりとなる。いずれ利回り10%超えとかもありうる。

やっぱり業績が良くて配当のいい企業の株を買いホールドし続けるという方法は、地味だかなかなか強力かもしれない。

フジッコ株主総会

フジッコの株主総会に出席した。
6月27日(水)。場所は神戸ポートピアホテル。

10時から株主総会で9時40分位に到着。
別室で商品試食会みたいなものがあったようだが、アナウンスや案内がなかったので食べられなかった。
来年は是非食べたい。

最初に福井社長のあいさつから。
やはり大阪北部の地震で被災された方へのお悔やみとお見舞いの言葉から。
その後、ホテルの耐震性に問題ないことと、地震が起きた場合にどうするか等の案内があった後に本題へ。

(1) 報告事項
(2) 決議事項
(3) 質疑応答

(1) 報告事項
監査報告。特に問題なし。

事業報告。
冊子の内容を前方スクリーンに映したスライドとナレーションで説明。
以下キーワード的なものを。

国の経済現況について。先行き不透明な状況だが緩やかな回復基調で推移。
食品業界。消費者の根強い節約志向、引き続く厳しい経営環境。
当グループ。中計2年目、効率経営の追及。ブランド価値向上並びに製品事故対策への取り組み。「安心・健康」の価値創造基盤の再強化。
★売上高、営業利益、経常利益、当期純利益、いずれも過去最高。

おばんざい小鉢シリーズが飛躍的に成長。
デザート製品は、競争激化により依然として厳しい市場環境が続いている。

対処すべき課題は社長から説明。
中期経営戦略「フジッコNEXTビジョン2025」に基づき、1. 基幹事業の収益力強化、2. 成長事業の加速、3. 次世代事業への挑戦、4. 開発機能の革新、5. 経営基盤の革新、に取り組んでいる。
内部統制システムの運用、製品の安全性を確保する品質保証体制の強化、社会貢献活動、女性活躍の推進。
フジッコの心、社是:創造一路

(2) 決議事項
剰余金の処分(配当18円/株、年間36円/円)
資本準備金のうちの約63億円をその他資本剰余金に振り替える
取締役選任など

(3) 質疑応答
Q1 特別口座に置いてあるフジッコの株をそのままにしておいてよいか(質問の意味が良くわからなかった)
A1 個人の判断に任せる。株主に売られない状況の方が安心感がある。

Q2 小さな食べ切りサイズ等、買うのは主婦で、身近な会社だから買う。
アピールをもっとしたらどうか。女性への料理教室や将来のお客さんとなる)子供への食育、工場見学等。
試食会でホテルの人にカスピ海ヨーグルトをホテルの朝食などで出しているか聞いたら、出していないとのこと。会社お膝元の地元の大きなホテルで取り扱っていないのはおかしい。営業してほしい。
A2 親子で、黒枝豆の作付、収穫体験、黒豆料理教室など実績がありホームページに掲載している。
地元のホテルに提案営業等実施し採用されている案件もある。その他東京や公共施設に対しても。
工場見学は地元の小学校から要望があれば受け入れている。料理教室(株主対象)、昆布の見分け方・だしのとり方など。

Q3 2号議案について良くわからなかった。
A3 資本剰余金と資本準備金について。資本剰余金にした方が、柔軟性と機動性が上がる。
取締役会での決済で済む。臨時株主総会をしなくてOK。
工場への投資など。今後もM&A、海外事業を準備。そのために機動性を高める。
このお金を使っての自己株式の取得は考えていない。

Q4 御社事業は今後30年右肩上がりと考えてこの6年間株主をしている。
女性取締役(社外でなく、社内からの生え抜きで)は何年後に実現するか。
A4  2,3年のうちに実現するのではないか。取締役ではなく執行役員としては今年の4月から女性1名がいる。
今後は取締役を減らし、執行役員を増やす。
社員の半分は女性。女性管理職は2.2%。

Q5 増収増益、株価堅調。営業利益率がこのところ右肩上がりだったが、去年から今年にかけて8.8%から8.6%に減った理由は。
特別損失は今後も続くのか。
A5 主な理由は(1) 人件費、(2) 燃料費、(3) 物流費、(4) 減価償却費
売れ筋の食べきりサイズのおばんざいシリーズなどは手作業が多い。残業代などが増える。人手不足でパートになかなか来てくれない。
特別損失は主に和田山工場への投資の際の解体費、電子レンジデリ商品の赤字撤退費用。10年やったが赤字だった(パスタとかラザニアとか)。

Q6 個人株主への優待について。今は100株と1000株で区切っているが、200株にも設定してほしい。
A6 優待は商品を知ってもらいファンになってもらい株主を増やす意味がある。株主への還元方法としては優待よりも配当と考えている。
今のところは現状通りのままと考えている。

Q7 大分からの方。国内シェアは多い。今後海外をどれくらい伸ばしていくか。現在、どの国でどのくらい売り上げているか。今後5年でどれくらいを見込んでいるか。このまま国内中心で行くと、この先10年位で先行き不安となるのでは。
A7 おっしゃる通り。今後人口減少=お客さん減少。
今後は、国内シェアをもっと高める(M&Aも含め考える)、国内で新しい商品開発(個食タイプなど)。
海外についてはごくわずか。ヨーグルトで海外進出のテストマーケティング中。
海外については3つの施策。
(1) 国内商品の輸出
  展示会などへ参加。売り上げは1億未満。
(2) 原料輸入
  香港フジッコを設立。この会社を窓口とし原料輸入。2017年から2億程度。
(3) 海外で生産して販売
  ヨーグルトを東南アジアに進出中。詳細は公表できないが鋭意努力中。


以下感想。

カスピ海ヨーグルトをポートアイランドホテルの朝食や料理に取り入れてもらう
地元の有名ホテルに置いてもらうように営業活動したらどうかという指摘は、鋭いなぁと思って笑ってしまった。

あとは大分から来られた最後に質問した方。
海外への展開状況、5年後位の見通し等、聞きたいことを聞いてくれたという感じ。
まだ、海外での売り上げはほとんどないけど、逆に言えば、うまく海外で売ることができたら、売上、利益が大きく伸びるということ。和食が世界文化遺産に登録された状況は、フジッコの世界進出に追い風となるはず。まだまだのびしろがあると見た。
同時に海外のレギュレーションに適合しなければならず、その辺りのコストもあるのかなと妄想。